サウスニアレースホースクラブ
あなたも中央競馬の馬主気分を体験してみませんか?

■速報競馬倶楽部■たった38円で連対馬、3頭全てを的中させる業界初の新サービス!
的中率90,2%、年間5000万以上稼いでいる、 予想法の全てを盛り込んだこの川崎式競馬のリアルタイム配信をあなたに直接お伝えします。

〜面倒が嫌いな競馬初中級者のための77%鉄板軸による自動的中装置〜「スーパーホーネット馬券術」
コンピ指数で「小点数定額まとめ買い」プロ馬券師も唸る驚異の的中率52%で回収率150%超!

使える情報商材はこれだ。月収100万円以上を達成しているネット起業家をご紹介。
簡単!あなたもネットでお小遣い!



目次

天皇賞(秋)

天皇賞(秋)

府中の2000Mというコースは、
スタートして直ぐにコーナーを曲がるため
外枠の馬はどうしても外々を回らざるを得ません。

今年はスローペース必至で、ウオッカにとっては
外々を回る分かなり厳しい競馬になりそう。

能力的にはダイワスカーレットが1番だと思いますが、
さすがに7ヶ月の休養明けでG1を勝てるほど
今年のメンバーは弱くありません。

またディープスカイは初の古馬相手と未知数ですが
2番枠に入ったのは幸運と言えるでしょう。

しかし本命はアサクサキングス
春はあと一歩足りない競馬が続きましたが、
どのレースも自ら動いて勝ちに行ってのもの。
今回1番枠で全くマークされない立場でレースを
進められるのは非常に有利。

相手はタスカータソルテ
札幌記念と天皇賞は結びつきが強く、このレースの勝ち馬が
天皇賞で好走するケースが目立ちます。
時計も優秀、倒した相手もマツリダゴッホであれば、
過小評価されている今回は買いです。

◎アサクサキングス
○タスカータソルテ
▲ディープスカイ
△アドマイヤフジ
△サクラメガワンダー
△ダイワスカーレット
△ウオッカ


posted by りんぐまん at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | 予想

スプリンターズステークス

スプリンターズステークス

4回中山の最終週に移って以降、
秋の最初のG1と言うよりは夏競馬の最後に
行われるG1というイメージがあります。

実際この時期に行われるようになった2000年以降、
夏を休ませた馬の成績はあまり良くありません。

またこのレースの傾向として興味深いのは、
国内、海外に係わらず直線競馬に実績のある馬の
成績が非常に良いということ。
恐らく1000M〜1200Mを真っ直ぐ
走るレースというのはごまかしが利かないため
本当に力のある馬でないと勝てないのだと思います。

本命はカノヤザクラ
アイビスSDの勝ち馬であり、また前走のセントウルSの
勝ちタイムはG1級。
枠もいいところに入りました。


◎カノヤザクラ
○ジョリーダンス
▲アポロドルチェ
△スズカフェニックス
△ファイングレイン
△スリープレスナイト
△ビービーガルダン
posted by りんぐまん at 23:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 予想

宝塚記念

宝塚記念

過去10年を見ても天皇賞(春)から
直行の最先着の馬で連の絡まなかったのは
メジロブライトくらい。
それ以外はすべて連に絡んでいます。

天皇賞から中7週、中間が開いているように見えますが
秋競馬でいうところの
天皇賞(秋)からJCを使わず有馬記念
と言うローテーションとほぼ同じ。
つまり馬のダメージが少ない状態でピークを
迎えることができるのだと思います。

本命はメイショウサムソン
去年と比べても明らかにメンバーが弱く、
ローテーションも理想的。
調子も絶好で重馬場も平気、負ける要素が見当たりません。

相手は同じローテーションのアサクサキングス
注目はエイシンデピュティ
前走の金虎賞を勝ったことよりも
ダイワスカーレットが壊れるほど厳しいレースだった
大阪杯の2着はかなり優秀です。

目黒記念からの2頭アルナスラインロックドゥカンブ
前者は調教が不満で、後者は本当にこの馬は強いのかが現時点では
疑問のため軽視します。

◎メイショウサムソン
○アサクサキングス
▲エイシンデピュティ
△アドマイヤフジ
△インティライミ
△カンパニー

みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:ドリームパスポート
木下優樹菜:エアシェイディ


posted by りんぐまん at 23:18 | Comment(1) | TrackBack(1) | 予想

エプソムカップ

エプソムカップ

春の上がり馬か重賞実績のある馬か。
どちらを選ぶかは好みによるかも
しれませんが、メンバーを見渡す限り
上がり馬にしろ実績馬にしろ、
買える馬と買えない馬ははっきりしている感じ。

実績のあるトーホウアランサンライズマックス
G3クラスでは好勝負するのは間違いないと思いますが、
上がり馬の2頭、ヒカルオオゾラファストロック
現時点では上がり馬扱いですが、後々G1でも
活躍できそうなポテンシャルがありそうです。

本命はファストロック
能力的にはヒカルオオゾラの方が上だと
思いますが、1800Mと言う距離を考えると
ファストロックの方に魅力を感じます。
また藤沢厩舎が安藤勝騎手に依頼したことに
勝負気配を感じますし、安藤勝騎手が重賞で関東馬に
乗るときは「買い」であるという法則もあります。

◎ファストロック
○ヒカルオオゾラ
▲サンライズマックス
△マイネルキッツ
△トーホウアラン
△ドリーミーオペラ

みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:アップドラフト
木下優樹菜:イクスキューズ


posted by りんぐまん at 12:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 予想

安田記念

安田記念

人気のウオッカスズカフェニックス
長くいい脚を使うタイプでは無く、
嵌ればすごい脚を使いますが、
自ら勝ちに行って勝てるような
器用なタイプの馬ではありません。
またスズカフェニックスは17番枠。
ウオッカは乗り代わり。

グッドババはこのレースが札幌だったら
勝つかもしれませんが、連勝の割りに
1馬身半以上離して勝ったことが
殆どありません。
もしかするとこの馬は上記の馬より
もっといい脚が一瞬しか使えないのでしょう。
東京の長い直線向きではないような気がします。

スーパーホーネットの前走は
確かにすばらしいレースでしたが、
メンバーに恵まれたのは確かな上馬体減が心配。
当日の馬体重に注意が必要です。

このレースはG1では一歩足りないような
馬や6歳、7歳の高齢馬が結構好走します。

本命はハイアーゲーム
この馬のベストパフォーマンスは
04年のダービー。
一時のスランプを完全に脱し、
スピードとスタミナの両方を要求される
このレースにおいて2000M以上で
高いパフォーマンスを示した底力は
この馬にとってベストの条件と言えるでしょう。
調教もすばらしい動きでした。

◎ハイアーゲーム
○スーパーホーネット
▲エイシンドーバー
△スズカフェニックス
△ウオッカ
△オーシャンエイプス
△グッドババ


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:エアシェイディ
木下優樹菜:ニシノマナムスメ


posted by りんぐまん at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(2) | 予想

日本ダービー

日本ダービー

NHKマイルを快勝したディープスカイ
私もこのレースをみた後は今年のメンバーの
中では一歩抜けたかなと思いました。
しかし気になるのは殆どのレースが1800M以下
でしか実績が無いこと。
本格化前ですが、2000Mで大敗していること。

変則2冠をしたキングカメハメハはNHKマイルを
勝つまでに2000M以上の距離実績がありました。
またディープスカイは1番枠でマークされる
立場であることを考えると
取りこぼしもあるかもしれません。

私のイメージするダービーの勝ち馬というのは
@馬に負担の少ないローテーション。
A切れ味というより底力(勝負根性)のある馬。
が勝つというイメージがあります。

そういった意味で切れ味のイメージの強い
アグネスタキオンの産駒がダービーを勝つ
というイメージが沸きにくい。

本命はマイネルチャールズ
この馬が1番人気だったら買いたくなかったのですが、
皐月賞で負けたおかげでマークされる側から
マークする立場になりました。

また弥生賞勝ち→皐月賞負け→ダービー
というローテーションは馬にダメージを与えることなく
状態をピークに持っていくことのでき、
しかも他の馬からはマークされないという
好循環になりやすいパターンと言えます。

そして混戦の中で底力を発揮するブライアンズタイム
の子というのもダービー向きなのではないかと思います。

◎マイネルチャールズ
○レインボーペガサス
▲ディープスカイ
△タケミカヅチ
△アドマイヤコマンド
△サクセスブロッケン
△ブラックシェル


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:レインボーペガサス
木下優樹菜:マイネルチャールズ


posted by りんぐまん at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | 予想

オークス

オークス

過去のオークスの勝ち馬を見ても分かるように、
求められる能力は距離適正よりも絶対能力。

ただはっきりとスプリンタータイプではさすがに厳しく、
またステイヤータイプでは他の牝馬特有の切れ味に
負けてしまいます。

今年のメンバーを見渡すと、オークスというレースに
適正のあるメンバーが揃ったと思います。
レベルはどうであれ好メンバーが揃ったと言えるでしょう。

本命はソーマジック
エンジンのかかりが遅いタイプで
桜花賞では直線不利を受けたにも係わらず、
3着にきた勝負根性は府中の長い直線で
活きそうです。


◎ソーマジック
○レッドアゲート
▲リトルアマポーラ
△ムードインディゴ
△レジネッタ
△マイネレーツェル
△ライムキャンディ


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:ハートオブクィーン
木下優樹菜:オディール


posted by りんぐまん at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予想

ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル

ドバイでのウオッカのレース内容は世界レベル。
ダービーを勝ったとはいえ
この馬の適正距離はマイル前後。
ベストのコースベストの距離でこのメンバーでは
負けられないところですが、不安がない訳ではありません。

ウオッカの最大の特徴は強烈な瞬発力。
この馬が最高のパフォーマンスをしたのが
ダービーとJC。しかしその並外れた瞬発力を使った次走は
大惨敗をしています。
ドバイでもかなりの瞬発力をみせていました。
つまり蹴りが強いがために
トモに疲れがたまりやすい体質であり
今回それがネックとなりそうです。
また疲労による馬体減も心配されます。

ということで本命はブルーメンブラット
マイルに勝ち星が無いのが気にりますが、
阪神牝馬Sは仕掛けがワンテンポ遅れたのが敗因。
後藤騎手なら今回はウオッカより
早く仕掛けることが予想され展開の利がありそうです。
枠にも恵まれました。

◎ブルーメンブラット
○ニシノマナムスメ
▲ウオッカ
△ジョリーダンス
△ヤマニンメルベイユ
△ベッラレイア
△マイネカンナ


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:ローブデコルテ
木下優樹菜:パーフェクトジョイ

posted by りんぐまん at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(2) | 予想

NHKマイルカップ

NHKマイルカップ

土曜日の芝のレースを見る限り
馬場の2〜3分どころは相当悪くなっており
かなり走りにくそうな感じ。
求められるのは器用に立ち回ることのできる
馬よりは思い切ってインをつくか大外を回って
差してくる馬に魅力がありそうです。

また馬場悪化により、求められるのは
スピードより持久力のある馬。
また思い切っ乗り方ができそうな馬ということで
本命はサダムイダテン

今まで過大評価をされてきた印象がありましたが、
前走の大敗で評価が急落。
しかし今回はそのおかげで思い切った騎乗ができそう。
岩田騎手も1ヶ月付きっ切りで調教するなど本気モードです。

相手はブラックシェル
この馬も過大評価されぎみな馬でしたが、
ここまでメンバーが下がれば十分勝ち負け
できる力はあります。
馬場も味方しそうです。


◎サダムイダテン
○ブラックシェル
▲レッツゴーキリシマ
△ディープスカイ
△サトノプログレス
△ダノンゴーゴー
△リーガルスキーム


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:スプリングソング
木下優樹菜:エイムアットビップ



posted by りんぐまん at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予想

天皇賞(春)

天皇賞(春)

過去10年4歳馬が8勝、連を外したのは1回のみで
圧倒的に4歳馬が強いレース。
理由としては、前年の秋に走る天皇賞(秋)、
JC、有馬記念を走ることが想像以上に馬に肉体的、精神的
ダメージを与えているのかも知れません。

そのためこのレースは実績よりもフレッシュさが大事。

本命はアサクサキングス
菊花賞のあと無理をさせなかったおかげで
馬体が大幅に成長。
また今年はホクトスルタンとアドマイヤメインと
逃げたい馬が2頭いるためスローにはならないはず。

気切れ味よりも底力で勝負するこの馬に展開も向きそうです。

◎アサクサキングス
○ホクトスルタン
▲ポップロック
△ドリームパスポート
△メイショウサムソン
△アドマイヤジュピタ
△アドマイヤモナーク


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:アドマイヤモナーク
木下優樹菜:ドリームパスポート



posted by りんぐまん at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

皐月賞

皐月賞

押し出されるように人気になっている弥生賞の
1,2着馬マイネルチャールズブラックシェル

勝ったマイネルチャールズは勝ち方に余力が無く、
2着のブラックシェルも権利を取るため目一杯の仕上げ。
両馬とも上がり目は?…

またスプリングSの勝ち馬スマイルジャックも同様、
前走でピークに仕上げておりこちらも上がり目に不安。

皐月賞は能力が横一線の場合、求められるのは
強力な先行力と本番までの上がり目。

本命はショウナンアルバ
激しい気性が災いし前走は3着でしたが、
道中先頭に立つと折り合っており、
逃げてしまえば折り合いには不安は無さそう。
皐月賞ではスローになることはめったに無いため
早いペースで良績があり、また本番まで余力を持って
使われたのはこの馬のみ。

◎ショウナンアルバ
○タケミカヅチ
▲ノットアローン
△ダンツウィニング
△スマイルジャック
△マイネルチャールズ
△ブラックシェル


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:スマイルジャック
木下優樹菜:マイネルチャールズ






posted by りんぐまん at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 予想

桜花賞

桜花賞

大混戦の桜花賞。
このレースのポイントはポルトフィーノが
出走を取り消したこと。

これのよって人気馬のほとんどが、
器用さのない差し馬ばかりになってしまったのが
気になります。
また自ら勝ちに行って勝ちきれるほど底力があるかどうか
も疑問です。

そうなった場合、怖いのは気楽に前に行ける馬。
本命はデヴェロッペ
この馬は逃げないと駄目なタイプで
前走の負けは参考外。
中間からメンコとリングハミでもたれる癖も矯正
できたとのこと。
枠も絶好で人気馬が後ろがけん制しているあいだに
まんまと逃げ切りを願いたい。

◎デヴェロッペ
○トールポピー
▲リトルアマポーラ
△オディール
△ソーマジック
△シャランジュ
△ベストオブミー




posted by りんぐまん at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

高松宮記念

高松宮記念

1番枠に入ったスズカフェニックス
最短距離を走れるメリットか包まれるかもしれない
デメリットか。
またG1レースで騎手の乗り代わり。
メリットよりもデメリットの方が...。

さらに気になるのは、人気の馬に「差し、追い込み馬」
が多いこと。
また逃げそうな馬が外枠に入ったこと。
荒れる要素は整っているようです。

ここ3年は1200m未勝利の馬が連対しています。

本命はマイネルシーガル
人気の盲点ですが、先行できる脚質。
8ハロンに実績のある馬の方が小細工のきかない
このレースに適正があるのでは。


◎マイネルシーガル
○スズカフェニックス
▲ローレルゲレイロ
△スーパーホーネット
△キンシャサノキセキ
△ブラックバースピン
△ファイングレイン


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:ペールギュント
木下優樹菜:ローレルゲレイロ




posted by りんぐまん at 02:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 予想

スプリングステークス

スプリングステークス

この開催は中山記念、中山牝馬S、フラワーカップ、
スプリングステークスと1800M戦が4レースの続く珍しい開催。
しかも中山開催の1800M戦の重賞はこの4レースのみという
から非常に異質な感があります。

勝ち馬を見てみると、
中山記念:カンパニー 4角2番手
中山牝馬S:ヤマニンベルメイユ 4角2番手
フラワーカップ:ブラックエンブレム 4角1番手

はっきりと先行有利なのは間違いなさそうです。

本命はショウナンアルバ
気性が悪いと言われながら4戦3勝の成績は他の馬と比べても
伸び白の大きさは1番なのでは。

面白いのはアイティトップ
寒竹賞の時計も勝ち方も優秀で、前走もマイネルチャールズとは
0.1秒差。こちらもまだ底をみせておらず、上澄みは大きそう。


◎ショウナンアルバ
○アイティトップ
▲レッツゴーキリシマ
△スマイルジャック
△アサクサダンディ
△オーロマイスター
△サダムイダテン


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:シンワラヴ
木下優樹菜:ショウナンアルバ




posted by りんぐまん at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予想

弥生賞

弥生賞

いまだ先の見えないクラッシック戦線。
展開次第で勝ち馬がコオコロ変わってしまう状況は
レベルの低いと言われた去年の3歳牡馬よりもさらに
低いと思うのは私だけではないはず。

恐らくこのレースの上位馬が押し上げられる形で
皐月賞でも人気になると思われますが、きっと当てには
ならないでしょう。

メンバーを見渡すと人気馬のほとんどが差し、追い込みタイプ。
となると気になるのは気楽に先行できそうな馬。

本命はスズジュピター
一見差し、追い込み馬のような印象がありますが、
前々走は出遅れ、前走は道中包まれるて脚を余すという
明らかな騎乗ミス。
本来先行できる脚は持っており、ノーマークでいければ
このメンバーなら十分通用するはず。

◎スズジュピター
○フサイチアソート
▲マイネルチャールズ
△ホッカイカンティ
△ブラックシェル
△タケミカヅチ
△キャプテントゥーレ


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:スズジュピター
秋山 優:ブラックシェル




タグ:弥生賞
posted by りんぐまん at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 予想

中山記念

中山記念

ヨイチサウス、コンゴウリキシオー、マルカシェンク、チョウサンなど
積極的に前に行きたい馬が揃いました。
通常ここまで前に行きたいメンバーが揃えば、
差し、追い込み馬が断然有利ですが、中山の開幕週で
コーナーの4つある小回りコース。

開幕週は行ったモン勝ちexclamation」がセオリーであり、
また先行馬が揃うと以外とスローになりやすいものです。

本命はコンゴウリキシオー
香港では大敗しましたが、香港帰りの日本馬は次走好走
しやすいのも魅力です。

◎コンゴウリキシオー
○チョウサン
▲エアシェイディ
△マルカシェンク
△ヨイチサウス
△アサカディフィート
△カンパニー


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:エアシェイディ
木下優樹菜:エイシンドーバー




posted by りんぐまん at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予想

フェブラリーステークス

フェブラリーステークス

実力断然のヴァーミリアン
普通に走れれば間違いなく圧勝だと思いますが、
川崎記念を飛節炎で出走取り消し。

馬も生き物。
怪我というのはなかなか目に見えないもので、
もし無意識に脚をかばっていても
周りには分からないものです。

つまりヴァーミリアンは負けた時の
大義名分ができてしまったというのはちょっと気になる所。

本命はフィールドルージュ
そのヴァーミリアンが取り消した川崎記念を圧勝しましたが、
そのレース内容は好位からあっさり抜け出す強い内容。
以前のズブさが解消された今完全に勢いに乗った感があります。
枠順にも恵まれました。

注目はブルーコンコルド
元々マイルが一番得意な馬で、
人気急落の今回は買いです。

◎フィールドルージュ
○ヴァーミリアン
▲ブルーコンコルド
△メイショウトウコン
△ロングプライド
△ドラゴンファイヤー
△ワイルドワンダー


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:デアリングハート
木下優樹菜:クワイエットデイ




posted by りんぐまん at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(3) | 予想

きさらぎ賞

きさらぎ賞

先週のサダムイダテンのレースを見て「ああやっぱりなバッド(下向き矢印)
と思った人は多いのでは。

馬インフルエンザの影響かどうかはわかりませんが、
今年はこれと言ったクラッシックの
核になるような馬が出てこない状況に、
「この馬は大物だ!」ではなく「この馬は大物であってほしい!」
という思いがファンも関係者も強いのかも知れません。

きさらぎ賞はブラックシェルがその役目を果たしそうですが、
やはりこの馬も現時点では「大物だ!」では無く
「大物であってほしい!」感が強いような...。

本命はダイシンプラン
元々私の記憶では今年の3歳の1番馬と評価されていたのは
この馬だったと思います。
ただ気分屋である気性がこの馬の評価を下げてしまっていますが、
今回はアドマイヤオーラに調教で先着するというやる気をみせました。
私ももしかするとダイシンプランが「大物であってほしい」という
思いを持っているのかも...。

◎ダイシンプラン
○スマイルジャック
▲ブラックシェル
△レッツゴーキリシマ
△ヤマニンキングリー
△アルカザン
△オースミマーシャル


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:マッキーバッハ
木下優樹菜:レインボーペガサス




posted by りんぐまん at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予想

共同通信杯

共同通信杯

サダムイダテンの評価が難しい。
関係者の評価が非常に高く、
調教師に至ってはディープインパクトと
比べる始末。

しかし昨年のラジオNIKKEI杯2歳S使った後に
出走した馬6頭が500万さえ勝てていない現状を見ると
レースのレベル自体に疑問が残る。
圧倒的1番人気になるならば
今の時点では疑ってかかる必要があるかも。

本命はスマートファルコン
前走の上がり34.4は古馬も含めて同開催最速。
勝ち時計も同日の古馬1600万を0.4差なら客観的な裏づけも十分。

注目はショウナンアルバ
前走は久々の20キロ増で強い内容。
ノーマークなら大駆けも。


◎スマートファルコン
○ショウナンアルバ
▲サダムイダテン
△タケミカヅチ
△ホッカイカンティ
△ノットアローン
△サブジェクト


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:ホッカイカンティ
木下優樹菜:ショウナンアルバ




posted by りんぐまん at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(2) | 予想

根岸ステークス

根岸ステークス

フェブラリーSの前哨戦とはいえ、有力馬はJCダートや東京大章典
からぶっつけでくる馬が多く、失礼な言い方ですが
恐らく最も格式の低い部類のG1の前哨戦といえるでしょう。

G1の前哨戦というよりは冬のダートの短距離重賞だと考えると
実績のある馬よりも狙うのは上がり馬のほうが馬券的に面白い。

本命はアドマイヤスバル
2戦連続1分22秒台は実績馬と比較しても遜色ありませんし、
今回ここで賞金を加算しないとフェブラリーSへ進めないだけに
調教をみても目イチに仕上げた感があります。
村田騎手との相性も4戦3勝と魅力です。

◎アドマイヤスバル
○ワイルドワンダー
▲トーセンブライト
△マイネルスケルツィ
△トウショウギア
△エイシンロンバード
△シンボリグラン


みんなのウマ倶楽部予想は

ほしのあき:メイショウバトラー
木下優樹菜:トウショウギア




posted by りんぐまん at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 予想
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。